家庭でできる浸水対策

家庭でできる浸水対策とは

家庭でできる浸水対策について

自治体や政府による大規模な工事をしなければいけないというイメージのある浸水対策ですが、実は個人の家庭でも十分にできるのです。例えば簡易的な対策としては、玄関や石壁の隙間など、浸水の恐れがある場所に土のうを設置するという方法があります。家に土のうがないという場合には、大きめのゴミ袋を二重にして、そのなかに土や水道水を入れることで即席の土のうができます。穴が開くことに注意さえすれば、これで十分対策できるのです。

↑PAGE TOP